アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. CS Inc.
  3. 美容師を辞めた人がする後悔とは?転職して良かった意見も!

美容師を辞めた人がする後悔とは?転職して良かった意見も!

2024/03/22

求人

美容師の仕事を続けていくなかで、辞めたいと感じるときもあるでしょう。

しかし「せっかく美容師免許を取ったから、辞めるのはもったいない」「辞めたいけれど、転職に失敗しそうで不安」など、さまざまな思いを抱くかもしれません。

本記事では、美容師を辞めた人がする後悔と、反対に辞めたことで前向きな気持ちになれた人の意見を紹介します。

美容師を辞めようか続けようか悩む人は、自分に合った道を選択できるようになるでしょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

美容師を辞めた人がする後悔

美容師を辞めた人がする後悔は、主に3つです。

・スタイリストになるまで頑張れば良かった
・職場を変えれば解決できたかもしれない
・美容師免許を活かせなかった

上記のいずれかに当てはまりそうな人は、まだ辞める選択をしないほうが良いかもしれません。

後悔しないためにも、確認しておきましょう。

スタイリストになるまで頑張れば良かった

美容師を辞めた人がする後悔の一つは「スタイリストになるまで頑張れば良かった」というものです。

美容師=カットできると思われがちなため、スタイリストになるまで続けるべきだったと悩む人も少なくありません。

また、アシスタントの段階で美容室を辞めてしまうとスキルが伴っていないため、他の美容室でも採用されにくい可能性があります。

職場を変えれば解決できたかもしれない

職場を変えれば解決できたかもしれない、と後悔する場合もあるでしょう。

実際、職場の不満が原因で辞める人は少なくありません。

しかし、美容師の業務自体に不満を感じていないのであれば、辞める決断を下すのは早いでしょう。

なぜなら、働くサロンを変えると、現状の悩みを解決できる可能性があるからです。

美容師の仕事を辞めたいのか、ただ単に今の職場から離れたいのかを明確にすることが重要です。

美容師免許を活かせなかった

美容師を辞めると、資格を活かせなかったと悔やむケースもあります。

せっかく美容師免許を取得したにかかわらず、資格を活かせないのは「もったいない」と感じるでしょう。

さらに、美容師の技術や知識を身につけるために費やした時間・お金も無駄になったように思い、罪悪感を持つかもしれません。

美容師を辞めても後悔しなかった人の理由

美容師を辞めて後悔する人がいる一方で、後悔しなかったとの意見もあります。

具体的には、以下のとおりです。

・収入が増えた
・プライベートと両立できるようになった
・人間関係の悩みから解放された
・手荒れに悩まなくなった

実際にSNSを調査し、リアルな声を集めたので確認しましょう。

収入が増えた

転職をきっかけに美容師時代よりも収入が増えたことから、辞めても後悔しなかったという意見が見られました。

令和4年の「賃金構造基本統計調査」によると、美容師の平均年収は330.1万円です。

日本の平均給与は458万円のため、平均よりも低い水準です。

もちろん、スキルやサロンの待遇によって差はありますが、給料が安いことが原因で辞める人もいます。

別の職業に転じたことで経済的に安定する場合は、美容師を辞めても後悔する可能性は低いでしょう。

出典元:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査

出典元:国税庁「令和4年分 民間給与実態統計調査

プライベートと両立できるようになった

美容師を辞めてプライベートと仕事を両立できるようになったことも、後悔しなかった理由の一つです。

美容室は土日祝にお客様が増えるため、休日は平日になるケースがほとんどです。

そのため、友人と遊んだりイベントに参加したりするのは難しくなります。

プライベートを充実させたい人は、土日祝が休みの仕事に転職できると、美容師を辞めても後悔しないかもしれません。

人間関係の悩みから解放された

人間関係の悩みから解放された人も、美容師を辞めて後悔する可能性が低いといえます。

美容室はスタッフ数が少ない傾向にあるため、同僚との関係がうまくいかなければ、精神的な負担も大きくなりがちです。

また、お客様との関係性に悩むケースも珍しくありません。

職場を変えて人間関係の負担が軽減されたため、新しい環境に飛び込んで良かったとの意見もありました。

手荒れに悩まなくなった

美容師として働く人のなかには、手荒れに悩む人も多くいます。

手荒れは日常生活に支障をきたす恐れもあるため、人によっては大きな悩みです。

美容師以外の仕事に就いたことで手荒れの悩みから解放された人は、美容師を辞めて良かったと思うでしょう。

美容師を辞めるか悩んだら?

美容師を辞めたいと強く思っているのであれば、転職するのも一つの選択です。

しかし、まだ辞めようか迷っている段階の人は、以下の項目を参考にしてください。

・アシスタント期間が終わるまで働いてみる
・美容室を変える
・辞めてからもう一度戻る選択もある

それぞれ解説します。

アシスタント期間が終わるまで働いてみる

アシスタントの方は、スタイリストになれるまで働くのも一つの方法です。

美容師を目指した理由を思い出すと、踏みとどまれるかもしれません。

スタイリストになれるまで、頑張ってみるのも良いでしょう。

美容室を変える

勤務先を変えると、解決する悩みもあります。

たとえば、人間関係や待遇、労働環境などは良くなる可能性があるでしょう。

とくに、精神的に追い詰められるほどの場合は、早めに環境を変えることを推奨します。

自分に合った職場で働くことで、やる気・モチベーションを取り戻せるケースがあります。

辞めてからもう一度戻る選択もある

美容師を辞めてから、もう一度美容師に戻る選択肢もあります。

実際、一度美容師から退いて別の仕事に就いたものの、復帰する人もいます。

なお、令和4年度の美容師の有効求人倍率は5.66倍のため、スキルが身に着いていれば求人には困らないでしょう。

有効求人倍率とは求人数÷求職者数を示す比率であり、数字が高いほど求人が多いことを指します。

美容師の仕事に不満を感じているならば、一度離れてみても良いかもしれません。

別の仕事を経験したことで美容師の良さに気づいたのならば、それだけで価値はあるでしょう。

出典元:厚生労働省「美容師

美容師を辞めても資格を活かして働く道もある!

美容師を辞めても、資格を活かせる仕事はあります。

たとえば、ヘアメイクアップアーティストやアイリストは、美容師免許が必須です。

せっかく取得した美容師免許を無駄にしたくないと考える人には、オススメの選択肢です。

まつげパーマ専門店Noaでは、アイリストになりたい方を積極的に採用しています。

美容師免許を取得していれば、未経験者でも問題ありません。

以下の条件に一つでも当てはまればOKです!

求める人物像・気持ちの良い挨拶ができる人
・資格や経験を活かしたい方
・スキルアップしたい方
・長く働ける職場や環境をお探しの方歓迎
・一緒にお店作りに関わってくれる方
・笑顔が素敵な方
・接客や人と接することが好きな方
・責任感のある方
・向上心、やる気をもって仕事に取り組んでくれる方

HPから応募・採用で半年間・毎月5000円支給

応募はこちらから!
https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

まとめ

美容師を辞めた人がする後悔を紹介しました。

後悔した人の理由は「スタイリストになるまで頑張ればよかった」や「美容師免許を活かせなかった」などです。

もしも、美容師免許を無駄にしたくないから辞められないと悩む方は、アイリストへの挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

アイリストには美容師免許が必要ですので、資格を活かせますよ。

将来を見据えて、後悔しないキャリアを選択しましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.