アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. CS Inc.
  3. アイリストが疲れを感じるときは?悩みを軽減する方法も紹介!

アイリストが疲れを感じるときは?悩みを軽減する方法も紹介!

2024/07/1

求人

アイリストは細かい作業が多く、高い集中力が求められるため、疲れを感じるときもあるでしょう。

また、業務自体に不満はないものの、人間関係や働き方が原因で疲れたと感じる人もいるかもしれません。

同僚やお客様とうまくいかないときや、勤務時間が長い職場で働いていると疲労感が強くなりますよね。

本記事では、アイリストが疲れを感じる原因と対処法を解説します。

職場を変えることで解決する悩みもあるため、転職を視野に入れるのも一つの方法ですよ。

現在アイリストとして活躍している方も、これからアイリストになろうか迷っている方も、参考にしてください。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

アイリストが疲れたと悩む原因は?

アイリストは、以下の理由から疲れを感じやすくなります。

・身体的な痛みを感じやすい
・プレッシャーが大きい
・人間関係が良好ではない
・労働環境が悪い
・ときにはクレームを受けてしまうことも

大きく、体力面と精神面に分かれます。

それぞれ確認していきましょう。

身体的な痛みを感じやすい

アイリストが疲れる原因の一つは、身体的な痛みを感じやすいことです。

まつげを扱う細かい作業が求められるため、目が疲れやすくなります。

また、施術中は同じ姿勢を維持するため、首や腰に痛みを感じるときもあるでしょう。

プレッシャーが大きい

プレッシャーが大きいことも、アイリストが疲れを感じる要因の一つです。

施術中はお客様の目元で作業をするため、眼球やまぶたを傷つけないように常に神経を使います。

もしも、ツイザーで目を突いてしまったり、薬剤が目に入ったりするとトラブルとなります。

また「施術時間内に終わらせなければいけない」というプレッシャーも感じるでしょう。

経験を積めば施術中の緊張や不安は軽減されますが、経験が浅いうちは精神的な負担も大きくなりがちです。

人間関係が良好ではない

アイリストの疲れの一つに、人間関係の悩みが挙げられます。

アイラッシュサロンは少人数かつ女性が中心の職場のため、良好な関係が築けない場合もあるでしょう。

スタッフとのコミュニケーションがうまくいかなければ、勤務するのが苦痛になるかもしれません。

人間関係のトラブルに気を取られ、モチベーション・集中力が低下する可能性もあります。

労働環境が悪い

労働環境の悪さが原因で疲れる場合もあります。

たとえば、以下のようなサロンで勤務していると、疲れや慌ただしさを感じやすいでしょう。

・勤務時間が長い
・休日が少ない
・給料が低い

プライベートとの両立が厳しい状況では、疲労を感じるのも無理はありません。

疲れが取れない状況では施術に影響を及ぼす可能性があるので、サロンを変えてみるのも選択肢の一つです。

ときにはクレームを受けてしまうことも

お客様からのクレームが原因で、心労を感じるときもあるでしょう。

期待していた仕上がりではない、持ちが悪いなどとサロンに連絡が入ることもあるかもしれません。

もちろん、技術やコミュニケーションスキルが向上すると、ミスは減らせます。

しかし、完璧な仕上がりを保証するのは難しいのも事実です。

心身のバランスが崩れたときに「アイリストに向いていないのでは?」とネガティブになりがちです。

アイリストの疲れを軽減する方法

アイリストが疲れる原因を紹介しましたが、ここからは疲れを軽減する方法を解説します。

・姿勢を見直す
・日々のケアで痛みを緩和する
・経験を積んでスキルを高める
・職場を変える
・フリーランスとして活動する

上記の対処法を試すと、疲れが和らぐかもしれません。

モチベーションが低下してきた、辞めようか悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

姿勢を見直す

慢性的な痛みを感じるときは、姿勢を見直してみましょう。

正しい姿勢で施術ができていなければ身体に負担がかかるため、疲れや痛みが生じる原因となります。

チェックポイントは、以下の3つです。

・椅子はお客様の頭が自分の胸の下あたりに来るように調整できているか
・猫背になっていないか
・顔をお客様に近づけすぎていないか

施術中は、背筋をまっすぐと伸ばすのが正しい姿勢です。

姿勢を整えて体の負担が軽減されると、作業効率の向上にもつながるため、施術中の姿勢にも意識を向けてみましょう。

日々のケアで痛みを緩和する

身体的な疲れや痛みを感じる人は、日々のケアが重要です。

ストレッチを採り入れて、目の周りや首、肩などのコリをほぐしましょう。

また、ケア用品を活用するのも効果的です。

たとえば、目の疲れを緩和する目薬や、アイマスクなどは採り入れやすいアイテムです。

手指消毒が原因で手が荒れている場合は、クリームで保湿しましょう。

経験を積んでスキルを高める

業務に慣れないうちは、緊張やプレッシャーから疲労を感じやすくなります。

やはり、経験を積んでスキルを高めることが疲れを軽減する近道です。

施術回数が増えると対応できる範囲も広がるため、精神的に余裕が生まれます。

また、カウンセリング力を高めることも重要です。

お客様にとって適したデザインを提案できたり、双方の考えをきちんと共有できていたりすると、クレームも減少します。

技術が高いと思われるアイリストの特徴は、こちらの記事で解説しています。

ぜひご覧ください。

関連記事:マツエクの技術を高める方法は?リピートされるアイリストになるには

職場を変える

アイリスト業務自体に不満がない方は、職場を変えると疲れが軽減されるかもしれません。

自分にとって働きやすい環境や、福利厚生が充実しているサロンに転職できると、さらに前向きに取り組めるでしょう。

また、職場を変えることで、新たな刺激ややりがいが見つかるチャンスでもあります。

転職に不安な気持ちを抱えるかもしれませんが、積極的な行動で解決できる悩みもあります。

フリーランスとして活動する

働き方や収入が原因で疲れを感じる人には、フリーランスへの挑戦もオススメです。

フリーランスはサロンと雇用契約を結ばないため、勤務時間や休日数などの自由度が高まります。(職場によって異なる)

また、完全歩合制のため、施術するほど収入も増えます。

フリーランスのメリット・デメリットなどの詳しい内容は、こちらの記事で解説しています。
あわせてご覧ください。

関連記事:アイリストはフリーランスも選択肢の一つ!魅力と注意点を解説

Noaなら仕事もプライベートも充実できる!

「休みが少なくて大変…」「プライベートと両立できない」と悩むアイリストは、Noaの求人ページを一度ご覧ください!

Noaはきちんと月に8日間休みがあり、有給と希望休を使えば連休も取れますよ。

有給は初年度から15日付与されるので、プライベートと両立しやすい仕組みづくりをしています。

先輩アイリストの声も公開!

Noaでは、先輩アイリストの声を公開しています。

お店の雰囲気が良くて働きやすい、先輩が優しいなどのさまざまな意見を掲載しています。

ぜひ、現場スタッフのリアルな声を確認してみてください。

Noaで働く先輩スタッフたちの声
https://noa-lash.com/staff-voice/

まとめ

アイリストが疲れを感じる原因は、さまざまです。

施術による身体的な疲労もあれば、人間関係や労働環境などが原因の精神的な疲れなど、多岐にわたります。

身体の疲れをリフレッシュするには、日ごろからケアしたり、施術時の姿勢を見直したりすると痛みが和らぐ可能性があります。

しかし、思い悩んで「辛い」と感じているのであれば、職場を変えてみるのも選択肢の一つです。

アイリストとして長く活躍するために、状況に応じた対応をしましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.