アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. 美容師の大変なこと9選!やりがいや改善するためのヒントも解説

美容師の大変なこと9選!やりがいや改善するためのヒントも解説

2024/04/22

求人

美容師の仕事は大変だと聞いたことがあるかもしれません。

華やかなイメージがある一方で、やはりキツイと感じる一面もあります。

本記事では、美容師の大変なことを9つ解説します。

大変な気持ちを軽減するためのヒントも紹介しているので、美容師の仕事を続けようか新たな道に挑戦しようか、前向きに考えられるでしょう。

美容師の大変なこと9選

美容師の大変なことを、以下の9つに分けて紹介します。

  • 1.労働時間が長い
  • 2.プライベートとの両立が難しい
  • 3.給料が低い
  • 4.立ちっぱなしで腰が痛い
  • 5.手が荒れる
  • 6.接客で悩む
  • 7.人間関係が良くない
  • 8.指名が少ない
  • 9.アシスタント期間が長い

美容室によって職場環境は異なるため、すべてに該当するとは限りませんが、一般的な悩みとして挙げられる大変なことを紹介していきます。

1.労働時間が長い

美容師の大変なこと1つ目は、労働時間が長いことです。

お店をオープンさせるために朝早くから出勤し、閉店してからも片付けがあるため、美容師は勤務時間が長くなりがちです。

さらに、アシスタント期間中は仕事終わりに練習をするため、帰宅時間が遅くなることも珍しくありません。

なかには、1日の半分以上を職場で過ごす場合もあります。

2.プライベートとの両立が難しい

美容師の大変なこと2つ目は、プライベートとの両立が難しいことです。

労働時間が長いだけでなく、休日に練習や研修が実施されるときもあるため、個人的な時間を確保しにくくなります。

さらに、美容師の休みはほとんどが平日のため、土日祝に開催されるコンサートやイベントへ参加できないときもあるでしょう。

3.給料が低い

美容師の大変なこと3つ目は、給料が低いことです。

令和4年 賃金構造基本統計調査」によると、美容師の平均年収は約330.1万円です。

一方で「令和4年分 民間給与実態統計調査」では、日本の平均給与は458万円と公表されているため、平均年収よりも低いことがわかります。

労働時間が長いわりに給与が低ければ、精神的に疲れてしまうのも無理はありません。

美容師の給料が低くなる理由は、こちらの記事で解説していますので、併せてご覧ください。

関連記事:美容師の給料が低い5つの理由とは?リアルな声や収入アップの方法も紹介

4.立ちっぱなしで腰が痛い

美容師の大変なこと4つ目は、立ちっぱなしで腰が痛いことです。

基本的に立ってカットやシャンプーをするため、足や腰の痛みから仕事が大変だと感じる場合もあります。

そのため、業務は好きでも、身体的な負担から退職する美容師もいます。

5.手が荒れる

美容師の大変なこと5つ目は、手が荒れることです。

美容師は、使用する薬剤の影響で手が荒れやすく、シャンプーでも手の乾燥を引き起こします。

仕事は毎日あるためクリームや薬でケアをしても完治せず、結果的にドクターストップがかかり、退職せざるを得ない場合もあります。

6.接客で悩む

美容師の大変なこと6つ目は、接客で悩むことです。

美容室には老若男女を問わず、さまざまなお客様が訪れるため、一人ひとりに合わせた対応が求められます。

そのため、コミュニケーションがうまくとれなかったり、気をつかいすぎたりすると、大変だと思う場合もあります。

7.人間関係が良くない

美容師の大変なこと7つ目は、人間関係が良くないことです。

少人数のスタッフで運営する美容室がほとんどのため、一人ひとりのスタッフと顔を合わせる機会・時間も多めです。

深い関係を築きやすい一方で、人間関係に悩んでしまうと精神的な負担も大きくなります。

また、美容師がスキルを向上させるには、先輩や上司からの指導が不可欠ですが、上下関係が厳しいサロンもあります。

いわば、体育会系のような雰囲気が苦手な方は、プレッシャーや大変さを感じるでしょう。

8.指名が少ない

美容師の大変なこと8つ目は、指名が少ないことです。

美容師は、指名数がインセンティブとして給料に反映されることが一般的です。

そのため、お客様からの指名が少ないと感じると、落ち込んだりプレッシャーを感じたりするときもあります。

また、以前まで指名を受けていたお客様からの指名がなくなった場合も、ショックを受けてしまいます。

9.アシスタント期間が長い

美容師の大変なこと9つ目は、アシスタント期間が長いことです。

アシスタント期間中は、スタイリストの補助やサロン内の清掃が主な業務のため、やりがいを感じられないときもあります。

また、営業終わりに練習を行うため、帰宅時間も遅くなることがほとんどです。

スタイリストに昇格するまでの期間は、一般的に2~3年と言われているため、アシスタント期間中に辞めてしまう人もいます。

関連記事:美容師アシスタント辞めたい人必見!理由とリスクを知り後悔のない選択をしよう

大変なことだけではない!美容師のやりがいも見ておこう

美容師の大変なことを9つ紹介しましたが、次のようなやりがいもあります。

  • 1.お客様に喜んでいただける
  • 2.スキルを磨き続けられる
  • 3.自分のお店を持てる

現在美容師として働いている方は、やりがいを再確認することで前向きな気持ちを取り戻せるかもしれません。

美容師にネガティブなイメージがある方も、不安を払拭させましょう。

1.お客様に喜んでいただける

お客様の喜びを間近で見られるのは、美容師のやりがいです。

自分自身のスキルでお客様から直接感謝の言葉をいただける職業は、そう多くはありません。

お客様から直接喜んでもらえたり、感謝してもらえたりするのは、美容師の魅力です。

2.スキルを磨き続けられる

美容師は、スキルを磨き続けられる職業です。

美容業界は常に変化しており、新しいトレンドや技術が次々に登場します。

技術を向上させるチャンスも豊富なため、向上心がある人や好奇心旺盛な人は、やりがいを感じられる職業です。

スキルを磨けばお客様からの指名も増え、収入アップにもつながります。

3.自分のお店を持てる

美容師は、独立して自分のお店を持つことも可能です。

独立開業すると、コンセプトやサービス、働き方などを自由に選択できる点がメリットです。

実際に、店舗で技術を学んでから独立する美容師も多くいます。

美容師の仕事が大変な場合の対処法

美容師の仕事が大変な場合は、以下の手段を選ぶと悩みを解決できる可能性があります。

・職場を変えてみる
・美容師免許を活かせる仕事に転職する

美容師を続けようか悩んでいる場合は、自分が納得できる道を選べるようになるでしょう。

職場を変えてみる

美容師の仕事が大変な場合は、職場を変えてみるのも選択肢の一つです。

労働環境や人間関係はサロンによって変わるため、違う職場に移ることで解決する悩みもあります。

現在働いているサロンの何が大変なのか、仕事には何を重視するのかを明確にすると、次の職場をスムーズに選べます。

美容師免許を活かせる仕事に転職する

美容師自体を辞めたいと思うならば、別の仕事に転職するのも一つの方法です。

もしも「せっかく美容学校に入学して取得した免許がもったいない」と思う方には、美容師免許を活かせる仕事がオススメです。

たとえば、アイリストやヘアメイクアップアーティストは美容師免許が必須のため、資格を活用できます。

実際に、美容師からアイリストに転身する人も、少なくありません。

関連記事:美容師からアイリストはおすすめ!自己PRや志望動機の書き方も紹介

Noaなら仕事もプライベートも充実できる

まつ毛パーマサロンNoaなら、仕事もプライベートも充実できます。

休みは月に8日あり、有給は初年度から15日付与されるため、連休を取ることも可能です。

また、頑張った分だけきちんと個人に反映される仕組みのため、やりがいを感じられる職場です。

未経験から入社して、わずか3か月で23万円になったスタッフもいるため、ぜひ一度求人情報をご確認ください。

HPから応募・採用で半年間・毎月5000円支給

応募はこちらから!
https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

まとめ

美容師が大変だと感じることを9つ紹介しました。

立ちっぱなしや労働の長さが原因で体力的に大変な部分もあれば、職場内の人間関係や指名数の少なさなど、精神的に疲れを感じる場面もあります。

美容師の仕事が大変だと感じるときは、職場を変えるか他の仕事に挑戦するのも、選択肢の一つです。

なかでも、アイリストは美容師免許が活かせるため、転身するのはオススメです。

自分にとって、後悔しない道を選びましょう。

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.