アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. 美容師が疲れる原因とは?対処法や悩んだら考えたいこと

美容師が疲れる原因とは?対処法や悩んだら考えたいこと

2024/04/22

求人

美容師は日々の仕事をこなすなかで、身体的にも精神的にも疲れることもあるでしょう。

「仕事の疲れを緩和する方法が知りたい」「この先も美容師を続けていけるのかな」とお悩みではありませんか。

疲れがたまると仕事にも集中できず、モチベーションも低下してしまいますよね。

本記事では、美容師が疲れる原因7つと、疲れを軽減する方法を紹介します。

新たなキャリアも提示しているので、この機会に前向きに働ける環境を探してみましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

美容師が疲れる原因7つ

美容師が疲れる原因は、主に次の7つです。

・肉体労働で足腰が痛む
・長時間勤務
・人間関係の悩み
・施術中の会話
・休憩時間をとれない
・給料が低い
・休日が少ない

他の美容師も同様の悩みを抱えていると思えると、気持ちが楽になりますよ。

現在、美容師を志望している方も、業務で大変な一面を確認しておきましょう。

原因1.肉体労働で足腰が痛む

美容師が疲れる原因の1つ目は、肉体労働で足腰が痛むからです。

美容師は、基本的に立ちっぱなしでカットやカラーなどを行うため、足に負担がかかります。

また、シャンプーをする際は身体を曲げて行うため、腰を痛めてしまうリスクがあります。

一見、華やかに見える職業ですが、体力的な負担が大きく疲れを感じやすい業務です。

原因2.長時間勤務

美容師が疲れる原因の2つ目は、長時間勤務だからです。

美容師はお店をオープンさせるために朝早くから準備を行い、閉店後には片付けがあるため、勤務時間が長めです。

さらにアシスタントは、営業時間が終わってから居残りで練習を行うため、帰宅が遅くなる場合も多々あります。

日によっては、10時間や12時間以上を職場で過ごすため、精神的に疲れてしまいます。

原因3.人間関係の悩み

美容師が疲れる原因の3つ目は、人間関係に悩むからです。

美容室では一緒に働くスタッフが少ないため、一人ひとりと顔を合わせる機会や、コミュニケーションをとる回数は多くなります。

そのため、たった1人とでも関係がうまくいかなければ、精神的な負担も大きくなりがちです。

また、日常的に接するスタッフだけでなく、お客様との関係に悩むときもあります。

原因4.施術中の会話

美容師が疲れる原因の4つ目は、施術中の会話です。

美容室にはさまざまなお客様が来店されるため、一人ひとりに合った対応が求められます。

ときには、お客様に気を使いすぎるあまりに、疲れてしまうときもあります。

また、美容師の業務内容は好きでも、コミュニケーションに苦手意識を持つ方は、疲れを感じやすいでしょう。

原因5.休憩時間をとれない

美容師が疲れる原因の5つ目は、休憩時間をとれないことです。

毎日ではありませんが、忙しいときは休憩時間を確保できないほど、来店者数が多い美容室もあります。

肉体労働で勤務時間が長いにもかかわらず、十分に休憩できない状況では、体力的にも精神的にも疲弊してしまいます。

原因6.給料が低い

美容師が疲れる原因の6つ目は、給料が低いことです。

厚生労働省が発表した「令和4年 賃金構造基本統計調査」によると、美容師の平均年収は330万円です。

同年の日本の平均給与は458万円のため、美容師の平均給料は決して多いとはいえません。

労働時間は長い一方で給料が低いため、やる気やモチベーションが下がってしまうのも無理はありません。

原因7.休日が少ない

美容師が疲れる原因の7つ目は、休日が少ないことです。

職場によって異なるものの、休日数が月に6日程度の美容室もあるため、1週間に1日しか休めないときもあります。

美容師の疲れを軽減する方法

疲労を感じたまま仕事を続けていると、作業効率が落ちてしまい、最悪の場合は体調を崩す可能性もあります。

ここでは、美容師の疲れを軽減する方法を3つ紹介します。

・リフレッシュの時間を大切にする
・職場を変える
・違う仕事に挑戦する

仕事の疲れを緩和できると、日々の業務も前向きに取り組めるかもしれません。

それぞれ解説します。

リフレッシュの時間を大切にする

美容師の疲れを軽減するためには、リフレッシュの時間を大切にすることが大事です。

たとえば、帰宅後は湯船に浸かってゆっくりしたり、ストレッチしたりすると疲労感の軽減につながります。

また、休日には思いっきりリフレッシュして、仕事の疲れやストレスを緩和させることが重要です。

趣味や軽い運動(ヨガやジョギングなど)などを行って日々の疲れを軽減し、心身のバランスを整えましょう。

リフレッシュ法を積極的に採り入れることで、気持ちを切り替えて業務に臨めます。

職場を変える

職場を変えることで、疲れを軽減できる場合もあります。

たとえば、労働環境の悪い職場でストレスや疲れを抱えたまま働くと、いつか身体に悪影響を及ぼすかもしれません。

待遇や人間関係の問題は職場によって変わるため、思い切って働く場所を変えるのも手段の一つです。

美容師の仕事が好きで辞めたくない方は、検討してみてください。

違う仕事に挑戦する

美容師の業務そのものに疲れてしまった場合は、違う仕事に挑戦してもよいでしょう。

他の職種にチャレンジすることで、新たな刺激・やりがいを得られます。

たとえば、ヘアメイクアップアーティストやアイリストは美容師免許が必須のため、資格を活かせます。

美容部員や美容ディーラーも、美容師で培った知識やスキルを活用できるでしょう。

美容師からアイリストはオススメ!

美容師からアイリストへの転身はオススメです。

実際に、美容師を辞めてアイリストに挑戦する方は数多くいます。

その理由を詳しく解説しつつ、当サロンの募集要項も紹介するので、ぜひご覧ください。

アイリストは美容師免許が必須

先述のとおり、美容師免許がなければアイリストとして施術することはできません。

そのため、アイリストになるために美容学校に入学する段階から始める人と比較すると、美容師からはスムーズに転職できます。

さらに、アイリストの仕事は肉体労働ではないため、立ち仕事による身体的な負担が軽減されます。

アイリストのやりがいについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

関連記事:アイリストはやりがい・魅力のある仕事!大変な面も紹介

Noaならアイリスト未経験でも大歓迎

まつげパーマ専門店Noaでは、アイリスト未経験でも大歓迎です。

美容師免許を取得しており、以下のどれかに当てはまる人は応募が可能です。

求める人物像・気持ちの良い挨拶ができる人
・資格や経験を活かしたい方
・スキルアップしたい方
・長く働ける職場や環境をお探しの方歓迎
・一緒にお店作りに関わってくれる方
・笑顔が素敵な方
・接客や人と接することが好きな方
・責任感のある方
・向上心、やる気を持って仕事に取り組んでくれる方

サロン見学も実施していますので、気軽にお問い合わせください。

HPから応募・採用で半年間・毎月5000円支給

応募はこちらから!
https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

また、実際に働いているスタッフの声も掲載しているので、リアルな意見を知りたい方はご覧ください。

Noaで働く先輩スタッフたちの声
https://noa-lash.com/staff-voice/

まとめ

美容師が疲れる原因7つと、疲れを緩和する方法を紹介しました。

美容師は労働時間が長く、かつ休日数も少ない傾向にあるため、身体的な疲れを感じやすくなります。

また、お客様やスタッフとの人間関係で悩む場合もあります。

疲れを感じたときは、リフレッシュの時間を設けることも大切ですが、転職するのも手段の一つです。

仕事に対して迷いが生じたときこそ、現状を変えるチャンスでもあります。

今の悩みをバネに、あなたがイキイキと前向きに働ける環境を探してみましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.