アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. 30歳からアイリストを目指すには?ルートや注意点を徹底解説

30歳からアイリストを目指すには?ルートや注意点を徹底解説

2024/07/1

求人

お客様の目元を素敵に彩るアイリストは、人気のある職業です。

転職やライフステージの変化に伴い、30歳を超えてからアイリストを目指す人もいるでしょう。

これから美容業界へ転身される人は「30歳からでもアイリストで稼げる?」「子育てと仕事を両立できるのか」といった不安を抱えていると思います。

本記事では、30歳を超えてからアイリストを目指す手順や、注意点を解説します。

アイリストの魅力も紹介しているので、夢を叶えるための一歩を踏み出しましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

30歳からアイリストになれる?

結論、30歳からでもアイリストにはなれます。

アイリストに年齢制限は設けられておらず、実際に30代以降でも活躍されている方はいるからです。

しかし、30歳未経験から挑戦する場合は、以下の点を意識しておきましょう。

・美容師免許が求められる
・即戦力が求められる可能性がある
・努力が必要

一つずつ解説します。

美容師免許が求められる

アイリストとしてお客様に施術するためには、美容師免許が求められます。

そのため、資格を持っていない方は、まず美容学校に入学して知識を習得する必要があります。

美容師免許を取得できるまでの年数は後述していますが、時間がかかるため慎重に判断しましょう。

即戦力が求められる可能性がある

30歳以上の人材には即戦力を期待するサロンもあるため、応募のハードルが高くなる可能性があります。

これは、アイリストに限った話ではなく、他の業界・職種にも当てはまる内容です。

もちろん、人手不足に悩むサロンもあるため、30代未経験者だからと全員が不採用になるわけではありません。

ですが、職場がスムーズに見つからないリスクは想定しておきましょう。

努力が必要

30歳からアイリストになるためには、努力が不可欠です。

まつげパーマやマツエクは次々に新しい技術が登場するため、トレンドを追いかけることが重要です。

また、30歳から美容業界に挑戦する場合、自分より年下の店長や上司に指導される可能性もあります。

ときにはやりづらいと感じるかもしれませんが、年齢差を意識しすぎず、謙虚な気持ちで接するとよいでしょう。

30歳未経験からアイリストになる手順

30歳未経験からアイリストになるまで手順を、次の3つにわけて解説します。

・美容専門学校へ通う
・美容師国家試験に合格する
・アイリストスクールで技術を習得する

美容専門学校や美容師国家試験の情報も交えながら、詳しく説明します。

美容専門学校へ通う

美容師免許を持っていない方は、まずは美容専門学校へ通います。

入学してから卒業するまでの年数は、学び方によって異なります。

・通学:2年以上
・通信課程:3年以上

ただし、通学の場合でも、夜間課程は3年かかる学校もあるので事前に確認してください。

仕事を続けながらや、家事や育児などで忙しい方は、通信課程が学びやすいでしょう。

それぞれの学費の相場は、以下のとおりです。

・昼間課程:200万~300万円
・夜間課程:100万~150万円
・通信課程:50万~70万円

あくまで目安の費用ですが、美容学校を選ぶ際に参考にしてください。

参照元:日本理容美容教育センター|理容師・美容師になるまで

美容師国家試験に合格する

美容師国家試験は、美容専門学校の課程を修了したら受験資格を得られます。

試験には年齢制限が設けられていないため、30歳からでも受験は可能です。

美容師国家試験の受験料や、直近の合格率を表にまとめたので、ご覧ください。

試験時期年に2回(春・秋)
受験料実技および筆記:25,000円どちらか一方:12,500円
直近の合格率86.5%(第49回)

試験内容は、筆記試験(マークシート方式)と、実技試験(カッティング・オールウェーブセッティングを実演)の2種類です。

直近の合格率(春期)は86.5%と高く感じられますが、秋期の合格率は50~60%台で推移しているため、油断はできません。

不合格にならないよう、しっかりと対策して臨みましょう。

参照元:公益財団法人|理容師美容師試験研修センター過去の試験実施状況

アイリストスクールで技術を習得する

美容師免許を取得できたら、アイリストスクールで技術を習得するのがオススメです。

先述のとおり、30歳以上の求職者には即戦力人材を求めるサロンもあるからです。

また、スクールに通った経験を伝えると意欲をアピールできるため、採用される確率を上げられるでしょう。

ここまで紹介した3つの手順を踏むと、アイリストになるための準備は完了です。

サロンから内定を獲得して、新しいキャリアを築きましょう。

30歳からアイリストを目指すときの注意点

30歳からアイリストを目指すときの注意点を、次の3つ紹介します。

・老眼の問題
・首や肩のコリ
・世代の差を感じることも

対処法も一緒に説明するので、不安を軽減させましょう。

老眼の問題

30歳からアイリストを目指す場合は、老眼への注意が必要です。

老眼とは、近くのものを見る際にピントが合わなくなる問題ですが、早ければ30代から始まると言われています。

アイリストの仕事をしてから老眼の症状に気づく場合もあるため、他人事ではありません。

業務では細かい作業を行うため、視覚の悩みは大きな問題です。

違和感に気づいたら放置せず、眼科の受診や老眼鏡の装着など、適切な対策を行いましょう。

出典元:先進会眼科コラム

首や肩のコリ

首や肩のコリにも注意しましょう。

アイリストの業務は体力仕事ではないため、身体への負担は少なめですが、前傾姿勢で長時間作業をするため、首や肩が凝りやすくなります。

姿勢や作業環境に気を配り、定期的なストレッチで痛みを緩和することがポイントです。

世代の差を感じることも

30歳からアイリストになると、他のスタッフと世代差を感じる可能性があります。

近年では、美容学校を卒業後にアイリストになる人も多く、20代スタッフが中心の職場もあるからです。

一方で、新卒のような若年層のスタッフにはない安心感をお客様へ与えることができるため、必ずしも年齢による不利益があるわけではありません。

30歳からアイリストになる魅力

30歳からアイリストを目指す際の注意点を紹介しましたが、魅力もあります。

・手に職をつけられる
・自宅でサロンをオープンできる
・将来性がある仕事

アイリストならではの良さ・やりがいをチェックして、夢を叶えるための活力にしましょう。

手に職をつけられる

アイリストになる魅力は、手に職をつけられることです。

前半でも解説しましたが、アイリストになるためには美容師免許が必要なため、誰でもできる仕事ではありません。

専門的な知識・スキルを保有していることは、その分野での需要が高まります。

そのため、出産や育児などで一時的に職場を離れる場合でも、経験があれば復帰しやすく、将来の安定につながります。

自宅でサロンをオープンできる

アイリストは独立開業も可能で、実際に店舗で経験を積んでから、自宅でサロンをオープンする人も少なくありません。

自宅開業する場合は、サロンの方針や提供するサービスを自らで決定できる点が魅力です。

また、営業時間や1日あたりの施術人数なども決められるため、プライベートとの両立もしやすくなります。

なお、マツエクの自宅サロンは儲かりやすいビジネスと言われています。

その理由は下記の記事で詳しく解説しているため、気になる方はご覧ください。

関連記事:マツエクの自宅サロンは儲かる?成功するためのコツ5つ

将来性がある仕事

アイリストの将来性は、明るいと言えます。

過去5年間を見ると市場規模は成長しており、2019年の858億円から2023年には915億円に拡大しているからです。

引用元:株式会社リクルート ホットペッパービューティーアカデミー「美容センサス

さらに、マツエクやまつげパーマは新しいデザイン・技術がどんどん登場するため、スキルを身につければ周囲と差をつけられます。

最初は給料が低いかもしれませんが、アイリストとしてのスキルや経験が積み重なれば、次第に高い報酬を得られるでしょう。

30歳からでもアイリスト求人に応募しよう

まつげパーマ専門店Noaでは、未経験者を積極的に採用しています。

美容師免許を取得しており、以下の条件に一つでも当てはまれば応募が可能です。

求める人物像・気持ちの良い挨拶ができる人
・資格や経験を活かしたい方
・スキルアップしたい方
・長く働ける職場や環境をお探しの方歓迎
・一緒にお店作りに関わってくれる方
・笑顔が素敵な方
・接客や人と接することが好きな方
・責任感のある方
・向上心、やる気を持って仕事に取り組んでくれる方

「面接の前にお店の雰囲気が知りたい」「どのような方が働いているのだろう」と思う方は、サロン見学も実施していますので、公式サイトからぜひお問い合わせください。

HPから応募・採用で半年間・毎月5000円支給

応募はこちらから!
https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

まとめ

30歳からアイリストになる方法や、注意点を解説しました。

アイリストになるためには美容師免許が必須のため、所持していない場合は美容学校へ入学する必要があります。

道のりは長く感じられるかもしれませんが、アイリストになる魅力も豊富です。

ベテランアイリストになれば、お客様へ安心感を与えられるので、差別化できるチャンスです。

年齢に囚われることなく、アイリストとしてのキャリアを築きましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.