アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. 美容師を辞めるタイミングはいつ?退職への不安を軽減しよう

美容師を辞めるタイミングはいつ?退職への不安を軽減しよう

2024/04/22

求人

「美容師を辞めたいけれど、言い出すタイミングに悩む」
「できる限り円満に退職したい」と思っていませんか?

転職したい意思はあっても、いつ辞めようか悩んでしまいますよね。

また、他の美容師はどのタイミングで辞めようと思うのか、気になる人もいるでしょう。

本記事では、美容師を辞めるタイミングはいつがいいのか、みんなが辞めたいと思う理由を解説します。

美容師免許を活かせる転職先も紹介しているので、退職への不安を軽減しましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

美容師を辞めるタイミングはいつがいい?

辞めると決めたら、なるべく早めに申し出ることが重要です。

民法では2週間前までに退職する旨を告げる必要がありますが、3か月以上前までには伝えるのが望ましいでしょう。

美容室も新しいスタッフを採用しなければいけないため、ギリギリに伝えるのはよくありません。

お店側に迷惑をかけないよう、早めに伝えることが大切です。

参照元:民法(第六百二十七条・第六百二十八条)

みんなが美容師を辞めたいと思うタイミングは?

みんなが美容師を辞めたいと思うタイミングを、6つに分けて紹介します。

・人間関係に悩んだとき
・体力が持たないと感じたとき
・手荒れでドクターストップがかかったとき
・将来への不安が強くなったとき
・キャリアアップしたいと考えたとき
・他にやりたい仕事が見つかったとき

他の美容師が業務で悩む場面や、辞めたいと思う理由を見ていきましょう。

1.人間関係に悩んだとき

美容師を辞めたいと思うタイミングの1つ目は、人間関係に悩んだときです。

美容室は少人数で働くことが一般的なため、一人ひとりとコミュニケーションをとる機会は多くなります。

そのため、1人とでも良好な関係が築けなければ、悩みを抱えやすくなります。

また、先輩や上司から直接教えを受けることも多々あるため、厳しく指導されたときは落ち込んでしまうでしょう。

ほかにも、お客様との関係性にも悩む場合もあり、人間関係が原因で退職する美容師も珍しくありません。

2.体力が持たないと感じたとき

美容師を辞めたいと思うタイミングの2つ目は、体力が持たないと感じたときです。

立ちっぱなしの作業による足腰の痛みや、休憩時間すら取れないほど忙しい日々もあり、体力的な負担は大きいです。

また、朝早くに出勤して夜遅くまで働くため、勤務時間も長くなります。

さらに、休日にも練習や研修が入るときもあるため、プライベートの時間を十分に確保できないことが、辞めたいと考える要因になります。

3.手荒れでドクターストップがかかったとき

美容師を辞めたいと思うタイミングの3つ目は、手荒れでドクターストップがかかったときです。

美容師は日々、シャンプーや薬剤、乾燥などの影響で手荒れに悩む人が多くいます。

自分自身は仕事を続けたいと思っていても、ドクターストップがかかって辞める決断をする場合もあります。

4.将来への不安が強くなったとき

美容師を辞めたいと思うタイミングの4つ目は、将来への不安が強くなったときです。

美容師はランクや職場によって給料に差があるものの、業界の平均給与は日本全体の平均給与に比べて低いのが実情です。

とくにアシスタント期間中は収入が低く、生活が苦しいと感じる人も少なくありません。

経済的な不安や不満が募り「このままでいいのか」と悩んだ結果、美容師を辞める決断をする人もいます。

美容師の給料が低い理由は、下記の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

関連記事:美容師の給料が低い5つの理由とは?リアルな声や収入アップの方法も紹介

5.キャリアアップしたいと考えたとき

美容師を辞めたいと思うタイミングの5つ目は、キャリアアップしたいと考えたときです。

具体的には、独立して自分のお店をオープンするときや、実力を高めるために他の環境に挑戦しようと思ったとき、などが挙げられます。

美容師として高みを目指すために、新たな環境に挑もうと考えたときも、辞めようと思うタイミングの一つです。

6.他にやりたい仕事が見つかったとき

美容師を辞めたいと思うタイミングの6つ目は、他にやりたい仕事が見つかったときです。

美容師に限った話ではありませんが、別の業界で挑戦したいと思える仕事が見つかれば、辞める選択をする人もいるでしょう。

美容師の辞めるタイミングについてよくある質問

美容師を辞めるタイミングについて、よくある質問を3つ紹介します。

・美容業界の繁忙期と閑散期はいつ?
・アシスタント期間中に辞めないほうがいい?
・「美容師免許がもったいない」と悩む場合は?

「なるべく迷惑をかけずに辞めたいけれど、美容室の閑散期はいつ?」「アシスタントで辞めるのは、もったいない?」などの疑問を解決しましょう。

繁忙期と閑散期はいつ?

一般的に、美容室は以下のシーズンが忙しい傾向にあります。

繁忙期忙しくなる理由
3~4月卒業式や入社式などに向けて
7~8月夏に向けてサッパリしたい
紫外線の影響で傷んだ髪の毛を補修したい
12月クリスマスや帰省などに向けて

一方で、イベントがない1~2月・5月・11月は、慌ただしさが落ち着く時期です。

繁忙期に人手を失うのは、お店にとって負担が大きいため、辞めるタイミングを告げる際の参考にしてください。

なお、冒頭でも解説していますが、なるべく3か月前までには辞める意思を伝えられるとよいでしょう。

アシスタント期間中に辞めないほうがいい?

アシスタント期間中に辞めてもいいかは、人によります。

まず、美容師以外の仕事に転職するならば、待たずに辞めてもよいでしょう。

しかし、将来も美容師として活躍したい意思があるなら、スタイリストになるまでは辞めないほうがいいケースもあります。

なぜなら、アシスタント中に別のサロンに移ると、また最初から研修を受けなければいけない可能性があるからです。

結果的に、スタイリストになるまでの期間が長引く場合もあります。

ただし、身体的もしくは精神的に追い詰められているのであれば、無理をせずに職場を変えることをオススメします。

「美容師免許がもったいない」と悩む場合は?

「美容師免許がもったいない」ことから辞められないと悩む場合は、美容師免許を活かせる他の仕事に転職する方法もあります。

たとえば、アイリストは美容師免許がなければ施術できません。

もしも、美容師免許を持っていない人がアイリストになるには、美容専門学校に通わなければいけません。

一方で、美容師はすでに美容師免許を持っているため、スムーズに転職できます。

実際に、美容師からアイリストになる方も多くいます。

その理由を下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

関連記事:美容師からアイリストはおすすめ!自己PRや志望動機の書き方も紹介

Noaなら”20日間研修後”にまつげパーマデビューができる!

まつげパーマ専門店Noaなら、”20日間研修後”にまつげパーマデビューが可能です。

独自のカリキュラムを用意しているため、未経験からでも問題ありません。

美容師免許を持っていて、次の条件に1つでも当てはまれば応募は可能です。

求める人物像・気持ちの良い挨拶ができる人
・資格や経験を活かしたい方
・スキルアップしたい方
・長く働ける職場や環境をお探しの方歓迎
・一緒にお店作りに関わってくれる方
・笑顔が素敵な方
・接客や人と接することが好きな方
・責任感のある方
・向上心、やる気を持って仕事に取り組んでくれる方

HPから応募・採用で半年間・毎月5000円支給

応募はこちらから!
https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

まとめ

本記事では、美容師の辞めるタイミングについて解説しました。

辞めたいと思うならば、早めに切り出すことが大切です。

美容室側も人員を補充する必要があるため、できれば3か月前までには退職する意思を伝えるとよいでしょう。

辞めるべきか続けるべきか悩むかもしれませんが、将来に不安を感じたときこそ、新たな一歩を踏み出すチャンスです。

このタイミングを活かして、自分に合った環境を見つけましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.