アイリスト画像

Recruit Blog

Recruit Blog求人ブログ

  1. CS.Inc求人トップ
  2. 美容学生の就活はいつから?目安スケジュールや成功させるコツ

美容学生の就活はいつから?目安スケジュールや成功させるコツ

2024/05/30

求人

「美容学生の就活は、いつからすればいいの?」とお悩みではありませんか?

出遅れたことで内定を獲得できなかった、などの事態は避けたいですよね。

本記事では、美容学生が就活を始める時期や、目安のスケジュールを解説しています。

後半では就活を成功させるコツも解説しているので、就職活動の悩みを解決しましょう。

美容学生はいつから就活を始めるべき?

美容学生に限らず、就職活動は早めに動くほうが良いです。

就職活動に関心を持っていると積極的に行動に移せるため、理想の職場に出会える確率も高まります。

なかには、1年生の秋頃から動いている美容学生もいるため、1つの目安にすると良いでしょう。

ただし、履歴書を出したり、面接に臨んだりだけが就職活動ではありません。

インターネットでの情報収集や美容室の見学も就職活動に含まれるため、できることから始めてみましょう。

美容学生の目安となる就活スケジュール

美容学生の目安となる就活スケジュールを、表にまとめました。

時期やること
1年の秋情報収集や自己分析
2年の春説明会
2年の春~夏選考・内定
2年の秋国家試験に向けて勉強

いつのタイミングに何をすべきか分かっていると、迷いがなくなるので行動しやすくなります。

それぞれの時期ごとに解説します。

1年の秋:情報収集や自己分析

1年の秋は、情報収集や自己分析を行う時期です。

気になる美容室がないか、ホームページやSNSをチェックしておくと良いでしょう。

また、実際にユーザーとして利用してみるのも、職場の雰囲気やサービスメニューを確認できるためオススメです。

さらに、自分自身の強みやキャリアプランなども、考えておく必要があります。

面接では学生時代に頑張ったことや、自分自身の強みなどを問われるため、自己分析は避けては通れません。

面接でよく聞かれる定番の質問をまとめたので、参考にしてください。

・長所と短所を教えてください
・学生時代に頑張ったことを教えてください
・自己PRをしてください
・志望した理由を教えてください
・将来はどのような美容師になりたいですか?

あらかじめ答えを考えておくと、本番でもスラスラと回答できますよ。

2年の春:説明会

2年生の春は、説明会が行われる時期です。

外部で開催される説明会や就職フェアは多数の企業が参加するので、今まで知らなかった美容室や会社を知れるチャンスです。

基本的には、会社の人が学生の皆さんの前で自社の紹介をするため、そのまま質問や交流ができる場合もあります。

入社したい意思を直接アピールできる機会でもあるため、積極的に参加しましょう。

2年の春~夏:選考・内定

2年生の春から夏は、志望企業にエントリーして面接を受ける時期です。

内定が出るまでに行われる面接の回数や、エントリーシートの提出が必要かは、企業によって異なるので確認しましょう。

とくに面接では、緊張してうまく話せずに落ち込んでしまうこともあります。

しかし、最初からスラスラと話せる人はほとんどいないため、気負いすぎず前向きに臨みましょう。

2年の秋:国家試験に向けて勉強

2年の秋からは、来年の1月に行われる国家試験に向けて、勉強に取り組む時期です。

勉強に注力するためにも、2年生の夏から秋頃までには内定を獲得しておくのが望ましいといえます。

しかし、夏休みの終わりから秋頃にかけて再募集を行う美容室もあるため、諦める必要はありません。

なぜなら、内定辞退者が出たことで人数を調整したり、募集枠を拡大してさらに人手を増やしたりする目的があるからです。

国家試験の勉強との両立は大変かもしれませんが、最後まで頑張りましょう。

就活で美容学生が考えておきたいこと

就活をする際に、美容学生が考えておきたいことを2つ解説します。

・どのようなキャリアを歩みたいか
・仕事では何を優先するか

上記2つを考えておかないと「やりたいことではなかった」と思い、短期離職のリスクがあります。

入社した会社で長く働くためにも、ぜひチェックしてください。

どのようなキャリアを歩みたいか

就活をする際は、自分がどのようなキャリアを歩みたいか考えましょう。

内定が欲しいからと焦って行動してしまうと、入社してからギャップを感じてしまい、すぐに辞めたいと思うかもしれません。

とくに、以下の内容は考えておくと良いでしょう。

・どのような美容師になりたいのか
・お客様に提供したいサービスやメニューはなにか
・将来的に独立を考えているのか

自分が歩みたいキャリアから逆算して考えると、応募する企業が絞られてくるので、就活の悩みも減らせます。

仕事では何を優先するか

仕事に求めることや優先順位は、人によって異なります。

たとえば、給料やキャリアアップの早さを求める人もいれば、プライベートとのバランスを重視したい人など、さまざまです。

そのため、自分が大切だと感じていることや、譲れない条件をリストアップしてみましょう。

ただし、すべての希望条件を満たす職場に出会うのは難しいため、優先順位を立てることが大切です。

美容学生が就活を成功させるコツ4つ

美容学生が就活を成功させるコツは、以下の4つです。

1.早い時期から行動する
2.情報収集は念入りに行う
3.気になった美容室には実際に行ってみる
4.アルバイトとして働いてみる

それぞれ解説します。

1.早い時期から行動する

美容学生が就活を成功させるコツ1つ目は、早い時期から行動することです。

冒頭でも説明しましたが、就活はなるべく早くから動きましょう。

なぜなら、働きたいと思える職場を日頃からチェックしておくと、条件に適合する就職先も見つかりやすくなるからです。

また、早い時期から準備しておくと、選考に向けて余裕を持って対策ができます。

本格的に就活が始まるタイミングで慌てて行動しないよう、目安スケジュールから逆算して、今の自分がするべきことを行いましょう。

2.情報収集は念入りに行う

美容学生が就活を成功させるコツ2つ目は、情報収集は念入りに行うことです。

美容室とひとくくりにしても、働く環境はさまざまです。

とくに求人情報では、労働条件や福利厚生、教育方法などは入念にチェックしておきましょう。

また、同じ会社が運営している美容室でも、地域やお店によって雰囲気が異なる場合もあるため、お店のSNSを確認するのもオススメです。

3.気になった美容室には実際に行ってみる

美容学生が就活を成功させるコツ3つ目は、気になった美容室には実際に行ってみることです。

インターネットでの情報収集ももちろん大事ですが、美容室に行って職場の雰囲気や働いている人を確認することが重要です。

入社してから「サイトで見ていた情報と違う」とならないよう、できる限り希望する店舗には足を運んでみましょう。

美容室がサロン見学を受け付けていれば良いですが、実施していないようであれば、ユーザーとして行ってみるのもオススメです。

アルバイトとして働いてみる

美容学生が就活を成功させるコツ4つ目は、アルバイトとして働いてみる方法です。

難易度が高い方法かもしれませんが、美容師の仕事を間近で見られるため、よりリアルな情報を得られます。

人や時期によってはハードルが高いかもしれませんが、選択肢の1つとして考えておくと良いでしょう。

美容学生の就職先は美容師だけではない

美容学生の就職先は、美容師だけではありません。

アイリストやメイクアップアーティスト、ネイリストなど、選択肢は豊富にあります。

美容師に就職しようか悩んでいた人は、本格的に就活が始まる前に、気になる職業の情報を集めておきましょう。

なお、美容学生の就職先8つと、それぞれの仕事内容は下記の記事で紹介しています。

関連記事:美容学生の就職先8選!後悔しない選び方を解説

まつげパーマ専門店Noaでは新卒生も募集!

まつげパーマ専門店Noaでは、新卒生も募集しています。

まつげパーマを施すアイリストにも美容師免許が必須のため、美容専門学校で習得した知識や資格を活かせます。

Noaではサロン見学も行っているので、気になる方はぜひお問い合わせください。

応募やお問い合わせはこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

まとめ

本記事は、美容学生は就活をいつから始めれば良いかを解説しました。

就活はなるべく早い時期から始めるのが望ましく、1年の秋頃から動いている人もいます。

そして、2年の夏頃までに内定を獲得できると、秋からは国家試験の勉強に注力できるので、1つの目安にしてください。

内定を獲得して、春から活躍しましょう。

まつげパーマ専門店Noaへの応募はこちらから!

https://noa-lash.com/recruit/#bosyu

Copyright ©CS Inc. All Rights Reserved.